iPad Airを購入。購入理由と使い方について。

iPhone,iPad

iPad Air1

miniを売却して購入しました。その理由や今の使い方について書いておこうと思います。

その前に、少しだけ写真を。

iPad Air2

Airとなってから薄さが際立っています。こんな薄い板で大丈夫なのかなと不安になるほど。初代のiPadを購入していた身としてはここまで薄くなるんだなぁと驚くばかりです。

iPad Air3

色はスペースグレーでSmart Coverはブラックを選択。後述しますが、iPadで動画やテレビを視聴するためフレームはブラックのほうが良いかなと思いました。それに合わせるカバーはブラック一択でした。
最初は真っ黒で嫌かなと思っていましたが、これが結構かっこいい。大人な感じで気に入っています。

と写真で紹介しましたが、次に購入理由と使い方を書いていきます。

結局手持ちならiPhoneがベスト

電車の中、ベットで横になりながら使うという用途の場合、いくらiPad miniが小さかろうと、やはりiPhoneの軽さには勝てないという結論に至りました。

電車の中でKindleアプリで文庫やビジネス書を読む場合、iPhoneの4.0インチディスプレイで十分読むことができます。iPhoneならば常に持ち歩くので、荷物が増えるという感覚にもなりません。
ベットでもそうです。横になって転がりながら端末をいじる場合、大きさよりも軽さが重要になります。腕が疲れてしまうので軽さが最優先となるのです。最近のコンテンツはスマホ用に最適化されているので困るということもあまりありませんし。

miniだとパワー不足

iOS7にバージョンアップしたことも関係あるのかもしれませんが、アプリの起動までに時間がかかったり、すぐに落ちてしまったりととにかくストレスが溜まる状態でした。iOS7.1は少し軽い印象がアップデートしてみたもののやっぱりダメ…この辺りも買い換える要因となりました。
もちろんiPad Airならキビキビ動いてくれます!

動画視聴ならば端末は大きいほうがいい。

nasneを買って、テレビについてはiPadで見る生活となりました。そうすると画面は大きいほうがいいのです。nasneで番組を視聴する時、上下に黒い帯ができてしまい、画面をフルに活用することができません。そのため、iPad miniでは少し物足りない感じになります。動画視聴ならばminiよりAirです。
画像の粗さについては逆に高精細になった分目立ってしまっています。が、この辺りは慣れの問題。しばらく見ていると気にならなくなります。ここについては掘り下げて記事にしていきたいと思います。

ブラインドタッチができる

9.7インチのiPad Airならばブラインドタッチも可能。慣れるまでは時間がかかりますが、ちょっとした調べごとをするのにも便利です。検察結果を複数人で見たりするのにも向いています。

やっぱりRetinaは綺麗だよ。

miniで普通のディスプレイに慣れたつもりでしたがRetinaは綺麗です。もう何も言いますまい。

今後の使い方について

iPhoneとの住み分けがうまく出来ていません。稼働率を上げるために常にiPadのカバーを開けておこうと思っています。そうすることで家の中ではiPadの大きな画面で視聴する機会を増えるかなと考えています。

最近のお気に入りはスマートニュースというアプリでサクッと情報を得ること。

ニュースが圏外でもサクサク読める!SmartNews(スマートニュース)〜野球から芸能・天気まで〜 App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

情報量が多すぎず、少なすぎずで質もバランスが良いので気に入っています。

あとはiPad版のMail Boxでメールの着信を確認すること。

Mailbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

外出先はiPhoneで、家の中ではiPadで見るようにしています。通知センターにメッセージの着信を表示するとしていた場合、外でiPhoneで受けたメッセージがiPadにも残っているので、あえてiPadでは通知センターに残らないようにしています。この辺りはまだまだ使い方を検討する必要があります。

まだまだ使い方については悩む所が多いです。気に入った使い方が見つかったら記事にしていこうと思います。